2013年09月02日

London Pigeon’s Art Views Vol.2

さて今日は前回紹介したDalstonから2マイル程南に飛んだWhitechapelの市場でのんびりしていると、目の前を長い赤い足の人間のお兄さんが歩いているのが目に入ります。自分の鳥足も赤いので何となく親近感を抱いて後をつけていくことに。


1.Whitechapel Gallery.jpg
Whitechapel Gallery外観


お兄さんは美しいタイル張りの建物のWhitechapel Galleryに吸い込まれて行きました。私も後に続きます。


2.Utopia.jpg
The Spirit of Utopia Exhibition


窓から中を覗くと中央奥ではろくろをまわしている人たちがいて陶芸教室か何かやっている様子。また写真には写っていませんが右隣には“Sanatorium”と書かれたサインが掲げられ、カウンセリングルームのような幾つかのセクションに区切られた部屋の前で白衣を着た人たちが受付をしています。


3.Chard.jpg
“Improbable Botany”©Wayward Plants


ところが、中に入ってみるとまず目に入ったのはグリーンハウス!宇宙船の中のようなハウス内では不断草(スイスチャード)が栽培されているではありませんか。緑の葉はほうれん草のよう、赤、オレンジ、黄とカラフルな茎の部分はシャキシャキとセロリのようで美味しいんだなあなんて考えながら眺めていると、右にはトマト、左にはイチゴの栽培が。それぞれのハウスの下には月の満ち欠けの表示がついています。更に小学生のコメントとイラストの描かれた冊子が横に置かれ読んでみると、“ロボットさんへ、ぼくの予想では、ぼくのスイートコーンは満月に蒔いたのが一番よく育つと思います。 だって満月は新月よりずっと明るいから。” はて何のことやら?


実はこれ、アートプロジェクトで作品はロンドンを拠点とするWayward Plantsと地元の小学校とのコラボレーション作品 “Improbable Botany”(不可思議な植物学)。哲学者ルドルフ・シュタイナー(1861-1925)の提唱したバイオダイナミック農法から刺激を受けた作品。この農法は、土壌と植物、動物の相互作用だけでなく、天体の動きにも着目した農法で、太陰暦に基づいて種まきや収穫などを行い、また牛の角や水晶粉などの特殊な調剤を利用する有機栽培の一種。 天文学と植物学に魔法の要素の加わったこのプロジェクト、子供達の想像をかきたてるものであることは間違いないでしょう。


今回のこの企画展のテーマはThe Spirit of Utopia。前記の陶芸教室をギャラリーに持ち込んだ作品はシカゴを拠点とするTheaster Gatesの “Soul Manufacturing Corporation”、“Sanatorium”はアートと心理学を組み合わせた予想外?の治療を来場者に提供するメキシコ人アーチストPedro Reyesの作品。展示はまだまだ上の階にも続きますが、どうやらスタッフの一人がハトの私に気づいた様子。腰に付けた無線に手をかけたので、怖い警備員に追い出される前にギャラリーを離れることに。


Whitechapelといえば19世紀末の切り裂きジャック事件の現場、チャールズ・ディケンズのオリヴァー・トゥイストの舞台になったイーストエンドの貧しい地域としてよく知られていますが、現在では金融街シティにより近い移民の多いエキゾチックなエリアとして急速に開発の進んでいる地区です。そんななか、1901年創立のWhitechapel Galleryはロンドンで最も古い公営のアートギャラリーであり、 スペイン内戦に反対し1938年にピカソのゲルニカを展示、その後も国内外の質の高い現代美術作品を紹介してきたギャラリーでもあります。入場料は大抵無料。また、2009年にリニューアルした際には美味しいレストランも伴設オープンしたのでこちらもおすすめです。


それではまた次回!



posted by ハト_pigeon at 13:39| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: