2014年01月06日

London Pigeon’s Art Views Vol.6

“マクドナルドの霊が出たんだって?マクドナルドの食べ物を食べ過ぎるとマクドナルドの亡霊になるんだってさ。” ところはDalston交差点近くのマクドナルド前。チップス(フライドポテト)をついばんでいる最中、そんな話をしかけてくるArcola(ハト)に気を取られ、ぽとりと落としたチップスは即座にArcolaのくちばしの奥へ。ハトはもともと果実や種子、昆虫などの小動物を食する雑食性。 また都会のハトは残飯も食べるため、ファーストフードを代表するマクドナルドのチップス、ハンバーガー、人間に共食いと言われるチキンナゲットも大好物。 Arcolaによると霊が目撃されたのは国立美術館のTate Britainの中だとか。テート・ブリティンはテムズ川ほとり、ミルバンク監獄の跡地に1897年に建てられた美術館。目撃したAshwin(ハト)も同時に消息を絶っており、噂の真相を探りにArcolaとテート・ブリティンへひとっ飛び。


1.Turnbull.jpg
"Idol 2 (1956)" ©William Turnull


テート・ブリティンはダルストンから南へ4マイル程。入り口でまず出迎えたのはWilliam Turnbullのブロンズ製の鋳像 。亡霊ならぬハトの神様のような趣の像に首振り会釈をして先へ進みます。


2.Dean.jpg
“Fernsehturm (2001)” ©Tacita Dean


様々な時代の英国絵画、彫刻の並ぶ部屋を次から次へと通り抜け、奥まった暗い部屋を覗くと展望レストランが映し出されているのが目に入ります。ごちそうが出てこないかなあと眺めているとどうやらレストラン自体が惑星のようにぐるぐる回っている様子。映像はベルリンテレビ塔(Fernsehturm)最上階にあるレストランを撮影したTacita Deanの“Fernsehturm” 。1960年後半に旧東ドイツ共産党政権に建てられ、観光名所にもなっているこのレストランは、東西統一以前は旧東ドイツで数少ない外食のできる場所であったとか。当初は1時間で一回転し、客は一回転すると出て行かなければならないという時間制限があったそうなのですが、現在では20分で一回転と回転が早くなったものの時間制限はなくなったといいます。


3.Creed1.jpg
“Work No.227: The lights going on and off (2000)” ©Martin Creed


4.Creed2.jpg
“Work No.227: The lights going on and off (2000)” ©Martin Creed


更に進むと体育館のように広々とした部屋にでますが、がらりとした部屋の中には何も展示してありません。キョロキョロ辺りを見回していると突然電灯が消えあたりは真っ暗に!いよいよ亡霊の出現か?とまたキョロキョロすると今度はいきなり明るくなります。電灯がついたり消えたり何だか気味が悪いといっても実はこちらもアート作品で、Martin Creedのターナー賞受賞の際の展示インスタレーション“Work No.227: The lights going on and off”。


5.Chapman1.jpg
“The Chapman Family Collection (2002)" ©Jake & Dinos Chapman


その先の薄暗い部屋に足を踏み入れると何十体もある民族彫刻が目の前にぼんやり浮かび上がってきます。表示には“The Chapman Family Collection” とあるので、大英博物館のアフリカン・コレクションの特別展かなと一つ一つの彫刻をよく見ると!


6.Chapman2.jpg
“The Chapman Family Collection (2002)" ©Jake & Dinos Chapman


なんと右も左もマクドナルドファミリー。そこには真っ赤なひげをはやしたチーズバーガーや、ろくろ首のような長い首をもち、獣のように鋭い牙むき出しにしたロナルド・マクドナルドなどが、薄笑いを浮かべて立っているではありませんか。マクドナルドの食べ物を食べ過ぎるとマクドナルドの亡霊になるって噂は本当だった?まさかAshwinもこのコレクションの中に?


7.Members.jpg
一ヶ月前にリニューアルオープンしたばかりのメンバーズ・バーの外観


パニック状態で慌てて部屋から飛び出すと後ろから警備員が追いかけてくるのが見え、前方にもまた別の警備員が仁王立ち。即座に翼を広げ羽ばたいて飛び立ち、螺旋階段を昇り、最上階の吹き抜けのメンバーズ・バーの先にあるドーム状天井を目指します。天窓の一つが開いていていることを願って。

読者の皆様、ロンドン・ハトのアートレビュー、お楽しみいただけましたでしょうか。半年にわたりご愛読ありがとうございました。この機会を設けてくれた木津川アート代表の佐藤さん、編集担当の三谷さんにこの場を借りてお礼を申し上げます。その後のロンドン・ハトの消息は知れませんが、ロンドンを訪れた際には気をつけてハトを観察してみてくださいね。
それでは良いお年を!

posted by ハト_pigeon at 18:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: